マイホームの購入

歩く男性

人生で一番高額な買い物といわれているのがマイホームの購入になります。高額な買い物であるがゆえに、大半の人が住宅ローンを組んで購入することとなります。住宅ローンは返済期間が長期間かつ借入金額も大きくなることが一般的ですので、わずかな金利の違いであっても総返済額が大きく違ってくることとなります。そのため、借入時点でどの金融機関からどういった金利タイプの住宅ローンを借りるかをしっかりと比較検討することが非常に重要になってきます。住宅ローンの借入金額と総返済額については、インターネットのシュミレーションサイトを利用して比較検討することが便利です。頭金の有無や条件を替えての比較を簡単に行うことができます。

また、複数の金融機関の住宅ローンの比較にあたっては、単純に金利だけを比較するのではなく諸条件についても整理が重要になります。借入時の手数料や繰り上げ返済にかかる手数料の有無についても考慮したうえで、借入先を検討することが重要なポイントになります。また、すでに住宅ローンを利用している人でも、現在の低金利を活かして住宅ローンの借り換えを検討することによって総返済額を大幅に減らせる可能性があります。各金融機関とも住宅ローンの獲得に力を入れていますので、場合によっては金利引き下げの交渉に応じてくれる可能性もあります。借り換えにあたっては、金利以外に借り換えにかかる手数料も含めて総合的な判断を行うことが重要になります。