住宅ローンの金利

女性

人生でもっとも大きな買い物は、住宅です。多くの人は、住宅ローンを組んで購入されると思います。近年、政府の緩和策などの影響もあり、住宅ローンの金利が低くなっています。以前に組んだ住宅ローンを借り換えする事で、月々の返済を低く抑える事ができます。雑誌なども住宅ローンの比較記事が組まれ、インターネットのサイトなども、住宅ローン比較サイトが増えてきました。それらをチェックする事で金利だけでない、複雑な住宅ローンの仕組みを理解する事ができます。大事なのは、表面上の金利だけなくトータルコストで見ると言う事です。複数の住宅ローンを比較する事でどこが自分に一番合っているか把握する事ができます。長く付き合うものですから、自分に合ったものを選ぶのは、大事な事です。

住宅ローンの比較をする時、表面上の金利に、つい目がいってしまいがちですが、大事なのはトータルコストで考える事です。事務手数料や団体信用保険料、保証料などの経費も大きく違います。病気のリスク、収入減、離婚など、住宅購入は大きな買い物で、返済は長く続きますので、リスクもあります。最近では、疾病特約や離職した場合、一時的に元金返済を休止する事ができるサービスも登場しています。このようにリスクを極力排除した、住宅ローン選びが重要になってきます。住宅ローンの借り換えは、現在借り入れ中の金利より0.3%ほど低ければ、借り換えのメリットが諸費用を入れてみても出ます。過去最低水準の低金利の今のうちに借り換えも検討してみるのもいいでしょう。